お知らせ

『フラメンコ(唄とギター)とスペインワインの饗宴』にお越しいただき、誠にありがとうございました。

2018/07/09

大盛況のうちに閉幕しました

7月6日(金)19時から、六本木のピアノバー、マイスコッチで『フラメンコ(唄とギター)とスペインワインの饗宴』を開催させて頂きました。当日は、マイスコッチさんの38周年記念イベントの一環として、永潟三貴生(なががた みきお)さん(唄)と今田央(いまだ ひろし)さん(ギター)によるフラメンコの生演奏に酔いしれながら、スペインワインを楽しんで頂くという贅沢な会で、出席者の皆様にも大変満足して頂けたようです。

この場をお借りして、このような会を開催する機会を与えて頂いたマイスコッチさん、そして素晴らしい演奏を披露して頂いた永潟三貴夫さんと今田央さんに心より御礼申し上げたいと思います。

また、当日お越し頂きました参加者の皆様、当日は生憎の雨模様の天気の中、またお忙しい中、『フラメンコ(唄とギター)とスペインワインの饗宴』にお越し頂き、また会を大いに盛り上げて頂き、誠にありがとうございました。

『ワインと食とSakeの情報紙ヴィノテーク2018年7月号』に弊社取り扱いカヴァが紹介されました。

2018/07/02

田崎真也氏のテイスティング・コメントも掲載されました。

日本では弊社のみが取り扱っております、スペインはカタルーニャ地方産のカヴァ、フィンカ・ヴァルドセラ・カヴァ・スビラト・パレント・ブリュット・ナトゥーレ(泡、スビラト・パレント100%)が、ワインと食とSakeの情報紙ヴィノテーク2018年7月号に紹介されました。

同時に田崎真也氏テイスティングコメントも掲載されましたので、以下にご紹介します。

『外観は黄金色を含んだ輝きのある色調。気泡は細やか。レモンやダイダイ、オレンジピールのコンフィのような果実香に、金木犀やカモミーユの花、コブミカンの葉、蜂蜜、コリアンダーシードのような白いスパイス、ミネラル香などが芳醇に調和する。味わいは柔らかくドライな印象から、しっかりした酸味が広がり、泡の刺激がなめらかさを付与。余韻にも長くミネラル感を残す。🍴ハタを使った中国料理の清蒸などに。』

 

 

 

『踊る玄界の魚、立ち向かう酒とワイン(隅田川の花火も一緒に)』開催のお知らせ

2018/07/01

お魚料理を前に、日本酒とスペインワインを飲み比べる企画です。

この度、渋谷の隠れ家イタリアン・ダイニング、ワイン&グリル TACT.さんと、日本全国の隠れた酒蔵から、こだわりの”旨い”日本酒を集めて取り扱っていらっしゃる、神田の和酒やさんと共同で、TACT.の森オーナーシェフによる玄界灘の魚を使った料理を前に、日本酒とスペインワインを飲み比べるテイスティング・イベントを企画しました。また、開催当日は隅田川花火大会の開催が予定されており、TACT.さん店内の大画面テレビに花火大会の様子を映し出し、花火も一緒に楽しむ予定です。題して、『踊る玄界の魚、立ち向かう酒とWine(隅田川の花火も一緒に)』。イベントの詳細は以下のとおりです。

日時: 2018年7月28日(土)18時スタート(受付は17時半から)
場所: ワイン&グリル TACT.(東京都渋谷区渋谷2-8-4 東和青山ビル 202)(JR山手線 / 渋谷駅 徒歩9分(720m)、東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線 / 表参道駅 徒歩10分(760m))

会費: お一人様8,000円(税込み)

ワイン(750ml)およびお酒(720ml)は飲み放題ではありませんが、お一人様1本相当をご用意しておりますので、飲み足りないとは言わせません。

尚、仕入れの関係で、料理の詳細は当日のお楽しみとなりますが、森シェフが責任を持って玄海灘の魚を使った素晴らしい料理をご提供させて頂きます。

参加ご希望の方は、こちらから「魚と酒とワインの会参加希望」と記載の上、メールをお送り頂けますと幸いです。定員(14名)に達し次第、受付を締め切らせて頂きます。

お席が限られておりますので、参加ご希望の方はお早目に。皆様と当日お目に掛かるのを楽しみにしております。

『ワインコンプレックス名古屋』にお越し頂き、誠にありがとうございました。

2018/07/01

沢山のお客様に弊社ブースにお立ち寄り頂きました。

2018年6月28日(木)、名古屋東急ホテルにて開催されました『ワインコンプレックス名古屋』では、お蔭様で多くのお客様に弊社ブースにお立ち寄り頂き、日本初上陸のスペインワイン、全12アイテムを試飲して頂きました。その中でも特に、カタルーニャの土着品種であるスビラト・パレント100%のスパークリング(カヴァ・スビラト・パレント・ブリュット・ナトゥーレ)、白ワイン(スビラト・パレントヴィーニャ・ゲルマダ)は、これからの暑い季節に向けてピッタリのアイテムとして多くの方々の注目を集めていました。また、世界的にエレガントな作りに流れている中で、パワフル、どっしり系の赤ワインにこだわっているヴィーニャ・ヴィラノレゼルバも、特に肉関係の飲食店の方々を中心に関心を集めていました。

今回初めて東京以外で開催される展示会に出展させて頂きましたが、予想以上に大きな手応えを感じました。また、次の機会に是非名古屋の皆様にお目に掛かりたいと思います。よろしくお願いします。

 

『イタリアン meets スペインワイン』にお越し頂き、誠にありがとうございました。

2018/06/17

予想を遥かに超えるワインの消費量でした。

2018年6月16日(土)18時より開催されましたワイン会、『イタリアン meets スペインワイン』@グリル&ワイン TACT.にお越し頂きました皆様、誠にありがとうございました。

当日はTACT.のオーナー、森シェフに腕を振るって頂いた美味しいイタリアンの品々に合わせて、泡、白、ロゼ、赤を順に提供させて頂きました。美味しい食事とワインの持つ力には目を見張るものがあり、参加された皆様はあっという間に打ち解け、会話も弾み、大変楽しい会となりました。

14名の参加者に合わせ、ワインを14本準備したのですが、結局空いたワインは18本、皆様の良い飲みっぷりには感服致しました。(主催者はちょっと持ち出しになってしまいましたが・・・・。)

そして、次の企画も早速決まりました。新鮮な魚料理を前に、日本酒とスペインワインを戦わせるという企画です。美味しい魚料理を頂きながら、日本酒とスペインワインのどちらが料理に合うかを、参加者の皆さんに投票して頂こうと思っています。具体的な日程が決まりましたら、皆様にご連絡させて頂きます。どうぞお楽しみに。

 

 

 

『うなぎとワインってどうよ?』開催のお知らせ

2018/06/03

うなぎとワインのマリアージュを確認して頂く会です。

7月7日(土)17時より、いづもや神田本店さんのご厚意で、うなぎとワインのマリアージュを確かめる会を企画しました。名付けて『うなぎとワインってどうよ?』。

当日は、刺身盛り合わせ、天麩羅、うな巻き、うな重など盛りだくさんの会席料理を頂きながら、スペインワインのみならず、日本ワインなどもお出しして、どのワインがうなぎとよく合うか、皆様のご意見をお伺いする楽しい会にしようと思います。

会の詳細は以下のとおりです。

日時: 2018年7月7日(土)17時~20時
場所: いづもや神田本店
    〒101-0047 東京都千代田区内神田2-12-4


会費: お一人様8,000円(税込み)
定員: 16名(定員に達し次第、締め切らせて頂きます。)

ワインは飲み放題ではありませんが、お一人様あたり1本を目安に準備させて頂きますので、十分召し上がって頂けると思います。

お席が限られておりますので、参加ご希望の方は早めにこちらからメールでお申し込みください。

今年の七夕は、うなぎとワインで盛り上がりましょう!

皆様と会場でお会いするのを楽しみにしております。うなぎとワインのマリアージュを確かめて頂きます。

 

 

『スペインワイン&フード商談会2018』にお越し頂き、誠にありがとうございました。

2018/05/29

また沢山の新しい出会いを頂きました。

5月28日(月)正午より午後5時まで、八芳園(東京都港区白金台)にて開催された『スペインワイン&フード商談会2018』(主催:スペイン大使館経済商務部)にては、多くのワイン業界関係者に弊社ブースにお越し頂き、誠にありがとうございました。

お越し頂いた皆様には、弊社取り扱いの日本初上陸スペインワイン全11アイテムを試飲頂き、お蔭様で沢山の”これ美味しい”というお言葉をお聞かせ頂くことができました。”これ美味しい”という言葉は、弊社の社名”エスタリコ”そのものであり、その言葉を沢山お聞かせ頂けたことで、”私たちがやっていることは間違っていない”という自信を得ることができました。また、新しい出会いも沢山頂くことができ、スタッフ一同多いに感激致しました。

まだまだ活動を始めたばかりの私共ですが、これからも精進を続けて参りますので、温かい目で見守って頂けますと幸いです。よろしくお願いします。

『フカヒレとワインの相性を確かめる会』にお越し頂き、誠にありがとうございました。

2018/05/21

フカヒレとワインの相性の良さを確かめることができました。

5月14日(月)19時より、華悦樓(オーナーシェフ:服部憲作氏、住所:東京都港区赤坂3-21-10 赤坂靑明会館 3階C号)さんのご協力を得て、『フカヒレとワインの相性を確かめる会』を開催させて頂きました。こちらは、某フカヒレの有名店で長く料理長をされていた服部シェフが、満を持して昨年12月にオープンさせたお店です。

当日は服部シェフのご厚意で、フカヒレの冷菜、車エビの湯引き、蛤の蒸し物などの前菜に続き、お待ちかねのフカヒレの姿煮込み、合鴨の香り揚げ、フカヒレの煮込みつゆそば、などの素晴らしい料理の数々を堪能し、最後にデザートの杏仁豆腐を頂くという、全7品の素晴らしいコースをご提供頂きました。

これに合わせるワインは、弊社提供の泡、ロゼ、赤2種類に加え、フランスワインを輸入されている合同会社Avec Vousの野坂代表からご提供頂いた、白、赤を1種類ずつの、合計6種類でした。

フカヒレには当然赤ワインも合いますが、以外なことにフルボディーの白がそれ以上によく合っていました。参加者の皆様にも十分お愉しみ頂き、素晴らしい会となりました。

この場をお借りし、服部シェフ、野坂代表、そしてご出席頂いた皆様に感謝の意を表したいと思います。

尚、服部シェフは現在放送中のBS-TBSの番組『魔法のワンプレート』(毎週月曜午後3時55分放送)に出演されていますので、是非ご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

『フラメンコ(唄とギター)とスペインワインの饗宴』開催のお知らせ

2018/05/17

フラメンコの唄とギター、それにスペインワインを存分にお楽しみ頂ける企画です。

この度、六本木のピアノ・バー、マイスコッチさん(東京都港区六本木7-18-11 DMビル 8F)の38周年記念イベントの一環として、フラメンコの生歌ギターの生演奏を聞きながらスペインワインを楽しんで頂く会を企画しました。題して『フラメンコ(歌とギター)とスペインワインの饗宴』

カンタオール(唄い手)は永潟三貴生(なががたみきお)さん、ギタリストは今田央(いまだひろし)さん。お二人のプロフィールは下をご参照ください。

そして日本初上陸のスペインワインを存分に召し上がって頂きます。内容は当日のお楽しみとさせて頂きますが(下のアイテムも出ますよ!)、飲み放題のアイテムもご用意しておりますので、飲み足りないなど言わせません。

これに簡単な食事も提供させて頂きます。

これだけの内容で、会費はなんとお一人様たったの5,000円(税込み)! 

リーズナブルな価格で素晴らしい音楽、素晴らしいワインをこころゆくまで楽しんで頂ける、またとないチャンスです。お席は15席と限られておりますので、ご興味のある方はお早目に、こちらでメールにてご連絡ください。 

日時: 2018年7月6日(金)19時より21時半まで

場所: マイスコッチ(東京都港区六本木7-18-11 DMビル 8F)

会費: お一人様5,000円(税込み)

【出演者プロフィール】

永潟 三貴生(なががた みきお)(唄)

数々のライブやレコーディングなどの音楽活動を行なう中、フラメンコに出会い、傾倒する。2003年よりカンタオールとしてタブラオ、劇場等で本格的に活動。2007年日本フラメンコ協会第16回新人公演奨励賞受賞。 自身のグループ「Minie Myme Train」でも活動中。

http://www.mikionagagata.com/

 

今田 央(いまだ ひろし)(ギター)

大学在学中にフラメンコギターを始める。鈴木英夫、日野道生に師事。1992年に渡西。マドリッドにてホセ・ルイス・モントンに師事。1993年よりヘレス・デ・ラ・フロンテーラに居を移す。パリージャ・デ・ヘレス、マノロ・サンルーカルに師事。1995年帰国。1996年日本フラメンコ協会第5回新人奨励賞を受賞。2006年より日本フラメンコ協会常任理事。現在洗足学園音楽大学非常勤講師。