パートナー(スペイン)
Partner - Spain

ボデガ・ヴィーニャ・ヴィラノ

ボデガ・ヴィーニャ・ヴィラノ
ボデガ・ヴィーニャ・ヴィラノ

ボデガ・ヴィーニャ・ヴィラノはマドリッドから北に約180kmのところに東西150km、幅35kmにわたって横たわる、ドゥエロ河の両岸に沿ったD.O.リベラ・デル・ドゥエロに位置するワイナリーです。

日本ではスペイン・ワインの代表的な産地としてはD.O.Ca認定のリオハが最も良く知られていますが、近年世界のワイン通の間では、D.O.リベラ・デル・ドゥエロがリオハをも超える秀逸な赤ワインを生産する地方として注目を浴びています。この地の名前を一躍世界に広めたのは、なんといっても1929年のバルセロナ万博で金賞を獲得し、スペインのロマネ・コンティと言われたベガ・シシリアです。さらに1980年代前半のアレハンドロ・フェルナンデスの「ペスケラ」の成功がこの地の名声を確実なものとしました。D.O.リベラ・デル・ドゥエロは、1982年に原産地呼称(D.O.)に認定され、現在ブドウの栽培面積22千ha、年間のワイン生産量は59.0百万ℓとなっており、スペイン国内ではリオハの245.0百万ℓに次いで2番目にワインの生産量が多い地域です。

ボデガ・ヴィーニャ・ヴィラノは、D.O.リベラ・デル・ドゥエロの中でも特に優れたワインを生産していることで知られているその西側地区に位置するペドロサ・デ・ドゥエロ村にあります。その歴史はD.O.リベラ・デル・ドゥエロの中でも古く、1957年に協同組合として創設され、今もその創設者達の子孫によって営まれています。その畑の平均海抜は850mと高く、日照時間は年間2,200時間と長く、ブドウに十分な量の日照が与えられます。大陸性気候の影響を受け、夏は空気が乾燥し、また昼夜の寒暖差が激しく時には30℃にも達します。これらの気象条件が重なって糖分が豊かな凝縮した深みのある黒ブドウを生み出しています。

300haを超える自社所有ブドウ畑では、テンプラニーリョの地場品種である「ティント・フィノ」および「ティンタ・デル・パイス」を栽培し、1haあたりの最大収穫量を7tに制限することにより、高い品質のブドウを生産しています。(全世界平均では1haあたり10tの収穫(2014年予測)。)ブドウの樹齢は40%が40年以上、古いものでは100年にもなり、これらの古木は、収量は少ないものの非常に品質の高いブドウを生み出しています。ボデガ・ヴィーニャ・ヴィラノはその自社ブドウ畑で収穫されたブドウのみを使ってワインを生産することにこだわっており、これが優れたワインを生み出だすことに繋がっています。

 

D.O.リベラ・デル・ドゥエロには、原産地呼称統制委員会に登録された280のワイナリーがありますが、その中で日本にワインを輸出しているのはまだ僅か18にとどまります(2017年7月現在、当社調べ)。つまり、まだまだ発掘の余地が大いに残されたD.O.と言えるのです。私たちはD.O.リベラ・デル・ドゥエロから新たな優れたワイナリーを日本に紹介できることを、大変誇りに思っております。

ボデガ・ヴィーニャ・ヴィラノ

Bodegas Viña Vilano
Travesía Ctra. de Pedrosa, 09300 Roa, Burgos, スペイン
website:https://www.vinavilano.com/en/

ワインの購入はこちら

フィンカ・ヴァルドセラ

フィンカ・ヴァルドセラ
フィンカ・ヴァルドセラ
フィンカ・ヴァルドセラ
フィンカ・ヴァルドセラ

フィンカ・ヴァルドセラはスペイン北西部カタルーニャ州を代表するワイン生産地、バルセロナ近郊のD.O.ペネデスに位置するワイナリーです。

このワイナリーを特徴づけるのは、何といってもそのロケーションです。マシス・デル・ガラフと呼ばれる、最高海抜約500mの地中海海岸線に沿った山脈の只中にあり、所有している僅か合計25haのブドウ畑(地形の関係でさらに細かな複数の畑に分かれている)は、160haの広大な森に囲まれることにより外部と隔絶されています。外部と隔絶することにより、ブドウ畑に独特の環境を造り出し、またその広大な森がハーブの香りなど様々な恩恵をブドウに与え、それから作られたワインが複雑な味わいを持つことに繋がっています。土壌は石灰質で水はけはよく、地中海性気候の影響で全般的に温暖です。

栽培されているブドウは、カタルーニャ原産のチャレッロに加え、マカベオパレリャーダ(これら三つがカヴァの主要品種です)、さらに希少な土着品種であるスビラト・パレントも栽培されています。加えて外国産のシャルドネ、カルベネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラーも栽培されています。これらの中でも特筆するべきは希少な品種のスビラト・パレントで、非常に特色のある白ワインとカヴァを生み出しています。ブドウ畑の合計が僅か25haですので、ワインの生産量も限られており、年間10万本程度しか造ることができないことから、大変入手が困難な希少なワインとなっています。

現在ワインの造り手となっているのは、かの有名なロジャー・グラートで40年以上ワインメーカーを務めたジョゼップ・ヴァルス氏の息子であるジョルディ・ヴァルス氏です。同氏は2017年7月現在39歳ですが、16歳の時にワイン造りに目覚め、カリフォルニアやニュージーランドのワイナリーで修業を重ね、2009年2月からフィンカ・ヴァルドセラでワイン造りを担当しています。ここで造られるワインの一本一本に、彼のこだわりが込められています。中でも、スビラト・パレント100%で造られたカヴァ、「スビラト・パレント・ブルット・ナトゥーレ」は2011年にロバート・パーカー92ポイントを獲得するなど、市場で非常に高く評価されています。

わたしたちは、この貴重なワインを直接ワイナリーから仕入れ、日本の皆様にお届けできることを大変光栄に思っております。

フィンカ・ヴァルドセラ

Finca Valldosera
Masia Les Garriques. Can Trabal, s/n 08734
Olerdola Barcelona (Spain)

 

ワインの購入はこちら

ボデガ コーポラティヴァ シガレス

フィンカ・ヴァルドセラ
フィンカ・ヴァルドセラ
フィンカ・ヴァルドセラ

 

ボデガ・コーペラティヴァ・シガレスはスペイン北部のカスティーリャ・ィ・レオン州の州都バリャドリッドの北東、リベラ・デル・デュエロの西に約580㎢に亘って広がるD.O.シガレスに位置するワイナリーです。

D.O.シガレスは1991年に原産地呼称認定された比較的新しいD.O.ですが、この地域でのワイン造りの歴史は10世紀にまで遡り、19世紀の終わりには15,000㌧のブドウがこの地域で生産されていたとの記録があります。ボデガ・コーペラティヴァ・シガレスは1957年に創設され、現在でも創設者の子孫たちが伝統的な製法を残しつつ、近代的な設備も取り入れながらワイン造りにとり組んでおり、年間約3.5百万ℓのワインを生産しています。 また、フレンチ、およびアメリカン・オークの樽を約250所有しており、これにより優れたクリアンサおよびレゼルバを生産しています。

この地域の気候は隣接するリベラ・デル・デュエロと似ており、大陸性気候の影響で年間を通しての寒暖差が激しく(冬場の-6℃から夏場の39℃まで)、特に夏場は昼夜の寒暖差も激しくなっております。 平均海抜は700m~800m、年間の日照時間は2,616時間と長く、ブドウには十分な日照が与えられます。一方で年間降水量は407ミリ、降雨日数は93日となっており、夏場は干ばつに悩まされる地域です。 土壌は上層部は砂を含む石灰岩質ですが、下層部は粘土質です。

栽培されているブドウは、スペインの原産品種であるテンプラニーリョ(黒)ガルナッチャ(黒)べルデホ(白)、アルビーリョ(白)に加え、外国品種であるカベルネ・ソーヴィニョン(黒)、シラー(黒)、メルロ(黒)、ソーヴィニョン・ブラン(白)です。 この地域では古くからロゼが有名でしたが、最近は赤の評価も高くなってきております。

リベラ・デル・デュエロおよびルエダという有名な産地に挟まれた地域であるからこそ、それらの有名産地に負けないワインを造りたいという生産者の情熱により、近年評価が高まりつつあり産地です。

ボデガ コーポラティヴァ シガレス

Calle las Bodegas, s/n, 47270 Cigales, Valladolid, スペイン

 

アセイテ テラオレア

アセイテ テラオレア
アセイテ テラオレア

スペイン南部アンダルシア州の、同国最大のオリーブ・オイル生産地、ハエン県、マルトス村にあるオリーブ・オイル生産者です。同国最大のオリーブ・オイル生産地だけあって、マルトス村周辺にはオリーブ畑が見渡す限り続いています。設立は1940年と、マルトス村の中でも歴史のある生産者です。

スペインでは272種類のオリーブが栽培されていますが、アセイテ テラオレアで使用しているオリーブは全てピクアル種。この品種は世界で最も多く栽培されており、これから絞り出されるオイルはオレイン酸や天然抗酸化成分、ポリフェノールなどが豊富と言われており、風味は比較的クセがなく、フルーティーでさっぱりしています

オリーブ・オイルの品質を左右する要素としては、搾油方法が60%、収穫時期やオリーブの実そのものの状態が30%、そして保存状態が10%と言われています。アセイテ テラオレアでは地元のオリーブ果実生産者と良好な関係を築き、良質な果実を確保する努力を惜しみません。そして収穫したばかりのオリーブ果実をできる限り速やかに洗浄→粉砕→練りこみ→圧搾→分離の過程に持ち込み搾油します。中でも練りこみ→圧搾→分離の工程はオイルの品質を決定する重要な工程とされており、アセイテ テラオレアではコールド・プレス(低温圧搾)製法と呼ばれる製法を採用発酵を防ぐために練りこみ温度を低温(27℃以内)にコントロールし、これによって生産されるオイルの量を犠牲にしながらも、こだわりを持って高品質のエキストラ・バージン・オリーブオイルを生産しています。

わたしたちは、このこだわりを持って造られた高品質のエキストラ・バージン・オリーブオイルを日本の皆様にお届けできることを大変光栄に思っております。

Aceites TERRAOLEA, S.L.
Avd. De Oro Verde, 26
23600 Martos (Jaen), Spain