スペインの語り部、アントニオからのメッセージ#4

line twitter facebook

シーフードの宝庫、ガリシア州

ガリシア州はスペインの北西部、ポルトガルのすぐ北に位置する州です。(下の地図を参照ください。)

大西洋の冷たく美しい海に面したこの州は、漁業がとても盛んで沢山の素晴らしいシーフードに恵まれています。この地域からは毎朝獲れたての新鮮な魚介類がスペイン内陸部のレストランや市場に向けて空輸されます

ローマ時代、ガリシア地方は世界の果てだと信じられていました。目の前に広がる大海原を見て、当時の人々はその先に陸地があるとは想像もできなかったのでしょう。

コルーニャ県の西にあるフィニステレ岬は、”Finis Terrae”、即ち“大地の終わり”という名前に由来します。フィニステレ岬の灯台近くの小さな村は、2007年に欧州の歴史にとって大変重要だとして、欧州遺産に指定されました。

 

日本とスペインの共通点がここにあり。

ガリシア地方の旅行では、素晴らしい現地の料理を愉しむ以外に、巡礼路の終着点、サンチャゴ・デ・コンポステーラの街を訪ずれることをお勧めします。セントジェームスの道と呼ばれるこの巡礼路は、9世紀からカトリック教徒にとって重要な巡礼路でした。

セントジェームスの道と日本の熊野古道は、巡礼路として世界遺産に登録されている世界にただ二つだけの道で、これらの二つ路の巡礼を達成した人々には共通巡礼達成者として共通巡礼者手帳が交付されます。(http://www.tb-kumano.jp/kumanokodo/dualpilgrim/)これは、日本とスペインの長い間の友好関係を象徴するもので、かつ日本とスペインが多くの共通のものを持っていることを示唆しています。

私のお気に入りのガリシア料理レストラン

La Gran Pulperia Restaurant 

ここは、マドリッドで私の大のお気にいりのガリシア料理のレストランです。ガリシア料理はスペインではとっても人気があるので、沢山のガリシア料理レストランがありますが、私はこのレストランが一番居心地がいいと思います。ここのマネージャのハビエルとそのスタッフは、来店する全てのお客様が再び来たいと思えるようなサービスを提供することを常に心がけています。

私はここの本場のガリシア風タコが大好きです。これは毎日食べても飽きません。同様に、ホタテ貝ガリシア風ロースト・ビーフとマッシュト・ポテトも私のお気に入りです。ガリシア地方で素晴らしいのはシーフードだけではありません。内陸部では素晴らしいビーフや、野菜も生産されているのです。

ガリシア地方には美味しい料理が沢山あります。次は別のガリシア料理レストランに行って、カニ、アサリ貝、パイやシチューなどなど、他の料理に関する記事を書こうと思います。

ガリシア料理には、ガリシア産の白ワインがやっぱり一番です。華やかでフルーティーな白ワイン(特に私の好みはヴェルデホで作られた白ワイン)は、これらの料理にぴったりです。今後は僕と一緒にガリシア料理のレストランに行ってみませんか?

お店の情報:

La Gran Pulperia Restaurant – Avenida Machupichu, 14

電話:+34-913-00 18 73