スペインワインへの誘い(その③~白ワイン)

line twitter facebook

白ワインだって負けてない。

スペインの白ワインって、皆さんあまり馴染みがないかも知れません。でも、実は最近は素晴らしい白ワインがスペインから続々登場しているのをご存知ですか? 以下に代表的なスペインの白ブドウをご紹介しましょう。

アルバニーリョとベルデホ

スペイン北西部、大西洋に面した場所に位置するガリシア州のスター品種と呼ばれているのが、上質な白ワインを造ることで有名なDOリアス・バイシャス全域で栽培されているアルバニーリョという品種です。このブドウからは非常に優れた多くの白ワインが造られています。このブドウはその豊かな酸味が特徴です。

そのアルバニーリョと並んで優れたワインを生み出しているのが、ベルデホという品種です。この品種はガリシア州よりも内陸部に位置するカスティーリャ・イ・レオン州のDOルエダなどの、乾燥した昼夜の寒暖差が激しい地域で主に栽培されています。このブドウの特徴は豊かな華のアロマと適度な酸味です。

白ワインの味の決め手は酸味ですが、ベルデホの酸味はソーヴィニヨンブランのような尖った酸味でなく、非常に滑らかな酸味です。『尖ったような酸味はちょっと・・・』という方にはお勧めです。そんな柔らかな酸味だからこそ、『真夏の太陽の下で』というよりも春の穏やかな陽気の下で、季節の野菜と一緒にいただくのがお勧めかも知れません。

マカベオ、チャレッロ、パレリャーダ

カヴァの原料となっているのが、主にこれら3つの品種です。フランスのシャンパンの原料は主にピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、それにシャルドネですが、カヴァはこの3品種が主です。

カヴァの95%はカタルーニャ州で造られています。従って、これらのブドウもカタルーニャで多く栽培されています。マカベオの特徴はバランスのとれた酸、チャレッロは糖度が豊かで高いアルコール度数のワインを造りだします。パレリャーダの特徴は高いアロマと、豊富な酸です。こえら3つがそれぞれの生産者によって様々にブレンドされ、様々な顔をしたカヴァが造られるのです。

皆さんも、自分好みのスペインの白ワインを探してみてはいかがでしょう?