スペインワインに合うおつまみ(その⑤~トルティーヤ)

line twitter facebook

メキシコのトルティーヤとは違います。

『トルティーヤ』と聞くと、メキシコのタコスを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? そうそう下の写真のようなやつ。 ちなみにこちらは中米インディオの伝統料理だそうで、これを見たスペイン人が祖国のオムレツ(トルティーヤ)に似ていることから『トルティーヤ』と呼んだことから、トルティーヤと呼ばれるようになったそうです。中にちょっとピリ辛のスパイスが入っていたりして、これに合わせて美味しいのはワインでなくビールですね。

でも、これってオムレツに似てるかな? 全然似ていないと思うのは私だけでしょうか?

スペインでトルティーヤと言うと、メキシコのそれとは全く異なる、オムレツのことです。定番は中に玉ねぎとジャガイモが入ったシンプルなやつですね。味付けはオリーブオイルとニンニクと塩と胡椒だけ、と至ってシンプルなのですが、これがなかなかコクがあって美味しいのです。個人的には、出来立てよりもちょっと時間が経って冷めた方が、中身がギュッと引き締まって食べ応えがあって美味しいと思います。

卵料理だけあって、うちの子供も大好きなのですが、これがワインのお供としてもとっても美味しいのです。

これと合うワインは、間違いなく赤ですね。しかも、トルティーヤのコクに張り合うことができるのは、やっぱりコクのあるスペインの赤ワイン、その中でもテンプラニーリョしかないでしょう、といった感じです。

スペインワインへの誘い(その①~赤ワイン)でご説明しましたとおり、スペインの赤ワインはタンニンが豊かでしっかりとした渋味があります。この渋味と卵の甘味とが上手くお互いを打ち消し合い、またニンニクのコクとワインのコクとがぴったりと息を合わせるように寄り添って、トルティーヤとワインの双方が益々美味しく感じられるという、魔法のような組み合わせです。

トルティーヤの作り方は至って簡単です。材料は卵、ニンニク、ジャガイモ、玉ねぎ、胡椒のみ。これに大小二つのフライパンがあれば、誰でも手軽に作れます。作りかたは色んなサイトに紹介されていますから、ご自分で気に入ったものをトライしてみては如何でしょうか?

また一つ、スペインワインの楽しみ方が増えましたね。次回をお楽しみに。