スペインのワイン法では樽熟成の期間に応じて、(シェリー、カバを除き)クリアンサ、レゼルバ、グランレゼルバという3つのカテゴリーを名乗ることができる。尚、樽の容量は330ℓ以下と規定されている。(但し、D.O.Caリオハのように、これよりも長い熟成期間を定めている地域もある。)

尚、このように樽熟成の期間によってワインのカテゴリーを規定しているのは、世界中でスペインのみ。

① クリアンサ(Crianza):

赤ワインに関しては、合計24カ月の熟成(そのうち6カ月以上は樽熟成)。白、ロゼワインに関しては、合計18カ月の熟成(そのうち6カ月以上は樽熟成)。

② レゼルバ(Reserva):

赤ワインに関しては、合計36カ月の熟成(そのうち12カ月以上は樽熟成)。白、ロゼワインに関しては、合計24カ月の熟成(そのうち6カ月以上は樽熟成)。

③ グランレゼルバ(Gran Reserva):

赤ワインに関しては、合計60か月の熟成(そのうち18カ月以上は樽熟成)。白、ロゼワインに関しては、合計48カ月の熟成(そのうち6カ月以上は樽熟成)。

また、ワイン法で規定されているものではないが、上記の熟成期間に満たないワインについては、一般的に以下のような呼び方が使われている。

④ ホベン(Joven):

基本的に樽熟成されていないもの(もしくは樽熟成されていても極めて短い期間のもの)。早飲みタイプのワイン。

⑤ ロブレ(Roble):

D.O.リベラ・デル・ドゥエロの規定では、樽熟成を最低3カ月経たもの。(D.O.により最低樽熟成期間は異なる。また、このカテゴリーを規定していないD.O.もある。)

尚、カヴァに関しては異なる熟成規定があり、以下のとおり規定されている。(注:これらのカテゴリーを名乗る為には、単一ヴィンテージである必要があり、ノン・ヴィンテージのカヴァはこれらを名乗ることができない。)

① レセルバ(Reserva):

瓶内二次発酵の後、瓶内で最低18カ月熟成。

② グランレゼルバ(Gran Reserva):

瓶内二次発酵の後、瓶内で最低30カ月熟成。

③ カヴァ・デ・パラヘ・カリフィカド(Cava de Paraje Calificado):

認定された単一畑で採れたブドウのみを使用。さらに瓶内二次発酵の後、瓶内で最低36カ月熟成。