目次

Bodegas Vilano


ボデガス・ヴィラノとは

ボデガス・ヴィラノ(Bodegas Vilano)は、マドリッド州の北側に位置するカスティーリャ・イ・レオン州を東から西に向かって流れるドゥエロ川に沿って、東西約150km、幅約35kmにわたって広がる、D.O.リベラ・デル・ドゥエロに位置するワイナリーです。

D.O.リベラ・デル・ドゥエロについて

1982年にこの地域がD.O.として認定された際は、僅か24のワイナリーでスタートしましたが、現在では300を超えるワイナリーが運営されています。ブドウの栽培面積は22千ha、年間のワイン生産量は59.0百万ℓにのぼります。この生産量はスペイン国内において、D.O.Caリオハの245.0百万ℓに次ぐボリュームです。

D.O.リベラ・デル・ドゥエロの名前を一躍世界に広めたのは、なんといっても1929年のバルセロナ万博です。この万博で金賞を獲得し、スペインのロマネ・コンティと言われたワインこそ【ベガ・シシリア】です。さらに1980年代前半のアレハンドロ・フェルナンデスの【ペスケラ】の成功がこの地の名声を確実なものとしました。この地域のワインの典型的なスタイルは、濃い外観を持つ、オークの新樽で熟成した果実味に溢れるパワフルな赤ワインです。

この地域で栽培される代表的な品種はティント・フィノ、もしくはティンタ・デル・パイスと呼ばれるテンプラニーリョのローカル・クローンで、栽培面積の約90%を占めています。この地域は、テンプラニーリョ発祥の地D.O.Caリオハよりも標高が高く、それによってブドウが強い紫外線を浴びることから、一般的なテンプラニーリョと比較してより果皮が厚くなり、そのブドウから作られるワインはより濃い外観、より強いタンニンを持つようになります。

D.O.リベラ・デル・ドゥエロの規定により、この地域で造られる赤ワインのブレンド比率は、少なくとも75%がティント・フィノ(もしくはティンタ・デル・パイス)であることが求められており、25%までガルナッチャや国際品種のカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、マルベックなどをブレンドすることが許されています。

ボデガス・ヴィラノの歴史

ボデガス・ヴィラノは、D.O.リベラ・デル・ドゥエロの中でも特に優れたワインを生産していることで知られている西側地区のペドロサ・デ・ドゥエロ村に位置しています。その歴史は古く、1957年に協同組合として創設されて以来、今もその創設者達の子孫によって営まれています。

ボデガス・ヴィラノの特徴

ボデガス・ヴィラノはこの地に300haを超える自社ブドウ畑を所有し、そこで年間約200万㌔のブドウを生産しています。長い歴史の中で代々ブドウの樹を受け継いできたことから、ブドウの樹齢は40%が40年以上、古いものでは100年超にも及びます。これらの古木は、収量は少ないものの非常に品質の高いブドウを生み出し続けています。ボデガス・ヴィラノはその自社ブドウ畑で収穫されたブドウのみを使ってワインを生産することにこだわっています。こうした品質の追求こそが、このワイナリーから優れたワインを輩出できる理由なのです。

畑の平均標高は850mと高く、日照時間は年間2,200時間と長く、年間降水量は450mmから500mmと非常に少ないことが特徴です。気候は大陸性気候で、ブドウの成熟期の夏には空気が乾燥し、昼間の気温は時には40℃近くに達することから非常に凝縮した糖度の高いブドウが生み出されます。一方で昼夜の寒暖差が非常に激しく、夜には真夏でも10℃近くまで気温が下がるとこから、早熟な為に酸度が早い段階で下がる傾向があるテンプラニーリョであっても、酸味がしっかりと保たれたブドウが収穫されます。このようなブドウから、アルコールと酸味のバランスが非常によいパワフルなワインが造られます。

Bodegas Vilano
Travesía Ctra. de Pedrosa, 09300 Roa, Burgos, スペイン
https://www.vilano.com/en/

Finca Valldosera


フィンカ・ヴァルドセラとは

フィンカ・ヴァルドセラ(Finca Valldosera)は、スペイン北西部カタルーニャ州を代表するワイン生産地、バルセロナ近郊のD.O.ペネデスに位置するワイナリーです。

D.O.ペネデスについて

D.O.ペネデスはバルセロナの南西に位置しており、このD.O.は軽やかな白ワインから、よりパワフルでフルボディの赤ワインまで、様々なスタイルのワインを生み出すことで知られています。栽培されている黒ブドウは、モナストレル、ガルナッチャ、カリニェナ、テンプラニーリョなど、また白ブドウは、パレリャーダ、マカベオ、チャレッロなどです。この中で、チャレッロはカヴァの主要3品種の一つとして知られており、近年ではスティルワインの原料としても注目を浴びています。チャレッロはこの地の原産品種であり、またこの地で最も多く栽培されていることから、この地を代表的する品種となっています。

フィンカ・ヴァルドセラの特徴

このワイナリーを特徴づけるのは、何といってもそのロケーションです。フィンカ・ヴァルドセラがあるのは、マシス・デル・ガラフと呼ばれる、最高海抜約500mの地中海海岸線に沿った山脈の只中です。所有している僅か合計25haのブドウ畑(地形の関係でさらに細かな複数の畑に分かれている)は、160haの広大な森に囲まれることにより外部と隔絶されています。

外部と隔絶することにより、ブドウ畑に独特の環境を造り出し、またその広大な森がハーブの香りなど様々な恩恵をブドウに与え、それから作られたワインが複雑な味わいを持つことに繋がっています。気候は地中海性気候で、年間を通して比較的温暖、夏場は降雨量が少なく乾燥していますが、湿った海風がブドウ畑のある南向きの斜面に吹き付けることにより、ブドウに適度な水分をもたらします。また、土壌は石灰質で保水性に富んでおり夏場の旱魃からブドウを守ります。

希少なワインを生み出すワイナリー

このワイナリーで栽培されているブドウは、カヴァの三大主要品種であるカタルーニャ原産のチャレッロ、マカベオ、パレリャーダのほか、希少な土着品種であるスビラト・パレントなどがあります。さらには外国産のシャルドネ、カルベネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラーも栽培されています。中でも特筆するべきは、希少な品種のスビラト・パレントです。このブドウからは、非常に特色のある白ワインとカヴァが生み出されます。

中でも特筆するべきは、希少な白ブドウ品種のスビラト・パレントです。このブドウからは、非常に特色のある白ワインとカヴァが生み出されます。

ブドウ畑の合計が僅か25haしかないため、ワインの生産量は非常に限られています。年間10万本程度しか造ることができないことから、大変入手が困難な希少なワインとなっています。

造り手のこだわりが高評価を呼ぶ

現在ワインの造り手となっているのは、かの有名なロジャー・グラートで40年以上ワインメーカーを務めたジョゼップ・ヴァルス氏の息子であるジョルディ・ヴァルス氏です。同氏は2017年7月現在39歳ですが、16歳の時にワイン造りに目覚め、カリフォルニアやニュージーランドのワイナリーで修業を重ね、2009年2月からフィンカ・ヴァルドセラでワイン造りを担当しています。ここで造られるワインの一本一本に、彼のこだわりが込められています。

 中でも、スビラト・パレント100%で造られたカヴァ、「スビラト・パレント・ブルット・ナトゥーレ」は2011年にロバート・パーカー92ポイントを獲得するなど、市場でも非常に高く評価されています。

 

Finca Valldosera
Masia Les Garriques. Can Trabal, s/n 08734
Olerdola Barcelona (Spain)

Amprius Lagar S.L.


アンプリウス・ラガールとは

アンプリウス・ラガールは、ここテルエルの地の可能性を信じてワイン造りに情熱をかけたワイン好きの仲間たちが、アラゴンの西端に位置するマタラーニャ地方を代表するワインを造ろうという強い思いをもって設立したワイナリーです。

彼らがマタラーニャ地方を選んだのには、理由があります。この地域は地中海から約60㌔内陸部に位置しており、地中海性気候の影響を大きく受けつつも、南西に隣接するプエルト・デ・ベセーテ山が地中海から吹く湿った風を遮ってくれることから、カビなどによる被害を最小限に抑えることができます。また標高が約530mと比較的高く、夜間には気温が急激に下がることから、糖度が高いにも関わらず、酸味もしっかりと保たれたブドウを収穫することができます。土壌は砂質の混ざった粘土質であり、水はけは良い一方で、適度な保水力も保っており、旱魃からブドウを守ってくれます。

アンプリウス・ラガールは、このようなテロワールを最大限に表現した、フレッシュでフルーティーなワインを造ることを目指しています。

豊かな自然と土壌が質の高いブドウを生み出す

所有する約41haのブドウ畑は松やオークの木々に囲まれており、自生するローズマリーやラベンダーなどの香りに溢れています。収量は1本の樹あたり1.5㌔に抑えることにより、品質の高いブドウを作っています。。栽培されているブドウ品種およびその面積は以下のとおりです。

ガルナッチャ20ha

シラー9ha

ゲヴェルツトラミネール8.5ha

シャルドネ4ha

ブドウの樹は比較的若く、一番古いのもが植樹されたのが2007年4月22日、その後2013年5月にかけて徐々に植樹されてきました。

Amprius LAGAR, S.L.
Edificio Galileo, Calle los Enebros, 74, 44002 Teruel(Spain)

Bodegas Centro Españolas S.A.


ボデガス・セントロ・エスパニョーラスとは

ボデガス・セントロ・エスパニョーラスは、1991年、カスティーリャ・ラ・マンチャ州で初めてのシャトータイプのワイナリーとして産声をあげました。現在このワイナリー中心となっているのは、ミゲル・アンヘル・バレンティン親子です。父親のディアスはリオハで10年間ワイン造りに携わった後、ボデガス・セントロ・エスパニョーラスを中心となって設立し、様々な国際品種を導入しつつ、この土地のテロワールを表現したワイン造りに勤しんできました。息子のララはリオハやイタリアのピドモントなどでワイン造りを学び、この地にサスティナブルなワイン造りのフィロソフィーを持ち込んだ立役者です。

D.O.ラ・マンチャについて

マドリッドの南に広がるD.O.ラ・マンチャはブドウの栽培面積ではスペイン最大で、その面積はオーストラリアのブドウ栽培面積合計の3倍にもなります。ここはメセタの台地の真っ只中にあり、冬の寒さは厳しく、夏は40℃を超える酷暑が続き、年間降水量は僅か300mmという極めて厳しい気候環境にあります。厳しい夏の日光と酷暑からブドウを守るためブドウの樹は株仕立てが中心で、極めて不毛な土地であるために、植密度も1haあたり1,200本と非常に少なくなっております。

最も多く栽培されている白ブドウは旱魃に強いアイレンで、この地域で栽培されているブドウの約60%を占めます。最も多く栽培されている黒ブドウは、この地で『センシベル』と呼ばれているテンプラニーリョです。これらに加えて24品種が認可されており、様々なブレンドのワインが造られています。

D.O.ラ・マンチャは、以前は安いワインを大量に生産する産地という位置づけでしたが、最近は多くの生産者がクオリティーの高いワインを生産することに力を入れています。彼らは畑の場所の選択に細心の注意を払い、最新の醸造技術に加え、伝統的なティナハスと呼ばれる土製の巨大な器で発酵する技術などを併用しながら、この土地のテロワールを最大限に表現した高品質なワインを生み出しています。

ティナハス

ボデガス・セントロ・エスパニョールについて

同社はトメジョソ村に合計250haの標高650m~680mにあるブドウ畑を所有しており、それぞれの区画毎に、土壌や、日照条件などを考慮して、最も適した品種を栽培しています。そして、それらの所有畑で採れたブドウのみを使って、その畑のテロワールを最大限に表現することを目指して、早飲みタイプ、クリアンサ、レゼルバ、グラン・レゼルバといったワインを造っています。

栽培されているブドウ品種はテンプラニーリョ、ガルナッチャ、アイレン、ベルデホといった土着品種からカベルネソーヴィニヨン、メルロ、シラーといった国際品種まで多様で、様々な市場の需要に応える努力を怠りません。収穫は全て手作業で行い、気温の低い早朝に行うことで、収穫後ワイナリーに持ち込まれるまでのブドウの劣化を最小に抑えています。

ワイナリーには最新の醸造設備が整っており、発酵は低温で行うことによってブドウのそれぞれの品種のアロマを最大限に引き出します。

また、熟成用のアメリカンおよびフレンチオークの小樽を3,800個所有しており、その数はカスティーリャ・ラ・マンチャ州のワイナリーの中では最大を誇ります。

旅をするワイン

同社は特に輸出に力を入れており、現在5大陸の36か国に輸出しています。同時に、同社のワインは数多くの賞を受賞しており、カスティーリャ・ラ・マンチャ州のワイナリーの中では、最も多くの賞を受賞しているワイナリーです。このように、ボデガス・セントロ・エスパニョーラスは、カスティーリャ・ラ・マンチャ州における高品質ワイン生産者の先駆け的存在となっており、同州で生産されるワインの品質向上に大きく貢献しています。

BODEGAS CENTRO ESPAÑOLAS S.A.
Carretera del Alcázar, Km 1,13700 Tomelloso, Cdad. Real(Spain)

Bodega De Moya


ボデガ・デ・モヤとは

ボデガ・デ・モヤはベルギー出身の夫妻がバレンシアに移り住んで始めた小規模なワイナリーです。 ここで夫妻が目指しているのは、絶滅の危機に瀕していた土着品種のブドウを使って、最新の醸造技術を用いながら、ここDOバレンシアのテロワールを映し出したワインをつくることです。そして、何よりも大切にしているのは、上質なワインをリーズナブルな価格で提供することです。 その為に、常識にとらわれず、ワイン造りからワインのパッケージに至るまでの随所で、常に革新的なアイデアを生み出し続けています。

DOバレンシアについて

DOバレンシアは、地中海沿岸有数の港湾都市であり、パエリア発祥の地でもあるバレンシアの後背地に広がるワイン産地です。標高が250mから1,100mと高いことから真夏の酷暑が緩和され、さらに昼夜の寒暖差が大きいことから、アルコールと酸のバランスがとれたワインが生み出されます。この地方は従来バルクワインの生産が中心で、今でも協同組合が生産量の約85%を担っていますが、近年は意欲のある若い醸造家らによって、土着品種のモナストレル(黒ブドウ)やメルセゲラ(白ブドウ)などから質の高いボトルワインが多く生み出されています。

ボデガ・デ・モヤ=”家族のあたたかさ”

夫妻が目を付けた品種の一つであるボバルという黒ブドウ品種は、バレンシア近郊のウティエル・レケーナ地域では何世紀もの間に亘って主要品種として使われていました。かつてはスペイン全土でも2番目に最も多く栽培されている品種でしたが、近年はその多くが引き抜かれてしまい、現在はアイレン(白ブドウ)、テンプラニーリョ(黒ブドウ)、ガルナッチャ(黒ブドウ)に次いで4番目に多く栽培されている品種となっています。 しかし、最近になってその良さが見直され、多くのワイン生産者がボバルに注目するようになり、国際的にもその良さが再評価されるようになりました。

ボバルは長い房に中程度の粒の果実を実らせるブドウで、旱魃に強い耐性を持っています。 そして、同じように温暖な地域で育つ他の品種に比べて、豊かな酸味を保つことで知られています。その豊かな酸味によって、骨格のしっかりとした、シルキーかつフレッシュな赤ワインを生み出します。良質なボバルを生み出すには、樹齢が高いことが望ましいと言われています。そして、標高は700m以上がよいとされています。それらの条件を満たした畑から、さらに収穫量を適切にコントロールした状態で、ベストな状態の果実が収穫されます。

Bodega de Moya 
Nuevo Tollo A 202
46300 Utiel Valencia (Spain)

Bodegas Bernardo Alvarez, S.L.


ボデガス・ベルナルド・アルバレスとは

ボデガス・ベルナルド・アルバレスは1940年に上質なワインを造ることを目指して設立された家族経営のワイナリーです。自社畑で栽培されるブドウに加えて、同ワイナリーの厳格な管理の下で栽培農家によって栽培されるブドウを使用してワインを造っています。

ボデガス・ベルナルド・アルバレスの創始者であるベルナルド・アルバレスは、DOビエルソの設立にも積極的に関わっております。つまり、同ワイナリーはDOビエルソのワインの質の向上に常に積極的に関わってきたのです。

DOビエルソについて

DOビエルソは、カスティーリャ・イ・レオン州の北西に位置する産地です。この地方は、その北側の大西洋沿岸地域と比較して、温暖で乾燥しており、またその南側の内陸部のメセタと比較して気候は穏やかであることから、ブドウの栽培に非常に適した地域です。栽培されているブドウの75%は黒ブドウのメンシアです。ブドウ畑の標高は約450mから1,000mの間と幅広く、バラエティに富んだニュアンスのワインを生み出しています。

厳しい気候に守られたブドウ

ボデガス・ベルナルド・アルバレスのブドウ畑は、DOビエルソの中でもブドウの栽培に最も適したヴィリャデカネス地区にあります。この地域は四方を山に囲まれており、その山が北側の大西洋から吹く冷たい湿った風や、南のメセタから吹く熱風などを遮ることにより、DOビエルソの中でも最もブドウの栽培に適した地域となっています。

北側の大西洋からの影響が少ないことから遅霜のリスクは少なく、標高が400mから650mの日当たりのよい南向き斜面に畑が広がっていることから、ブドウがその成熟に必要な日光を十分に浴びることができます。夏季は少雨、冬季は比較的降水量が多く、年間降雨量は約721mmとブドウ栽培には非常に適しています。

土壌は珪岩を含んだスレート質で、保温効果が高いことからブドウの成熟を助けます。

栽培されているブドウは、白がゴデーリョ、ドニャブランカ、パロミノ、黒がメンシアとガルナッチャです。

Bodegas Bernardo Alvarez, S.L.
Calle San Pedro, 75, 24530
Villadecanes, León, (Spain)

Pomar Viñdos S.L.


ポマール・ヴィニェドスとは

ポマールは、ポルトガルとスペインの国境を起点として、バリャドリッドを経てサラゴザまで至る、国道N12号線の丁度295.2㌔の地点にあり、DOリベラ・デル・ドゥエロのちょうど真ん中にあります。国道N122号線は、DOリベラ・デル・ドゥエロを西から東に貫いており、その道沿いにDOリベラ・デル・ドゥエロの殆どのワイナリーが点在しています。

そこはDOリベラ・デル・ドゥエロの本拠地があるロア・デ・ドゥエロからほんの10㌔の地点で、カスティーリャ・イ・レオン州の州都バリャドリッドからは僅か3㌔の地点です。

ポマールの創始者は18世紀にスペイン北西部のガリシアから、ここリベラ・デル・ドゥエロの土地にやってきました。彼はそこで教会や家々を造る石工として働き始めました。その地にはちょうどサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路が通っていたことから、彼はそこを通る人々からブドウ栽培とワイン造りについての知識を得ることができ、ワイン造りに傾倒していったと考えられています。

土地は肥沃な沖積土で表面は石灰岩で覆われています。標高が840mを超える乾いた大地と、寒暖差の激しい厳しい気候は、上質な果実を実らせる樹齢100年を超える古木の栽培に適しています。栽培されているブドウはティント・デル・パイス(この地に適応したテンプラニーリョの呼称)です。

ここでは長年の間、化学肥料を一切使用せずにブドウ栽培が行われており、2019年にはオーガニック認証を取得することが決定されました。それ以来、ブドウ栽培の殆どのプロセスは手作業で行われています。また、ブドウ畑にはクルミ、オーク、松などの樹木も植えられており、ノウサギ、シカ、イノシシなどの野生動物も生活しています。このように本来の生態系を大切に守ることが、この土地で今後も長きに亘って優れたブドウを生み出し続けることに繋がると信じています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-09-12-2.13.24.png

Pomar Viñedos S.L.
Carretera Zaragoza-portugal,
Km 292, 09318, Burgos(Spain)