エスタリコ・ジャパン

スペインと日本の懸け橋になろう
スペインと日本の懸け橋になろう
スペインと日本の懸け橋になろう

スペインと日本の懸け橋になろう

スペインの美味しい食材や食品の輸入・販売

スペインの美味しい食材や食品の輸入・販売

株式会社エスタリコ・ジャパンは、食を通して日本とスペインとの懸け橋になることを目指し、日本人とスペイン人のパートナーが2017年8月に設立しました。スペインにはまだ日本では知られていない美味しい食材が沢山あります。同時にまだスペインでは紹介されていない素晴らしい食材が日本には沢山あります。”Esta rico”とは、スペイン語で「これ、美味しい!」という意味です。「これ、美味しい!」を通じて、日本とスペインとの懸け橋になることができれば、私たちにとってこの上ない喜びです。

最初の一歩

第一弾として、まだ日本に輸入されていないスペイン産のワインおよびオリーブ・オイルを輸入する予定です。

日本へのスペイン産ワインの輸入量は2016年の実績で19,403kℓとなっており、日本のワイン輸入量全体の11.3%を占め、国別ではチリ、フランス、イタリアに次ぐ第4位です。2008年の時点ではスペイン産ワインの日本への輸入量は8,811kℓに過ぎず、またこれは、当時の日本のワイン輸入量全体の7.4%でしたので、スペイン産ワインの日本への輸入が近年大きく伸びていることを示しています。
このように、日本へのワインの輸出量が近年大きく伸びている国は、2007年に日本と経済連携協定(EPA)を締結し、日本でのワインに対する輸入関税が段階的に引き下げられているチリを除いて他にありません。

なぜこのように近年スペイン・ワインが日本に受け入れられるようになったのでしょうか?
その背景には近年のスペイン・ワインの品質向上と、その品質に比べて価格が抑えられている、つまりコスト・パフォーマンスが非常に高くなってきた事実があります。

そもそもスペインは、ブドウ栽培面積が約1.0百万ha(2016年)で世界一位ワイン生産量は約37百万hℓ(2016年)でイタリア(約50百万hℓ)、フランス(約47百万hℓ)に次ぐ世界三位となっており、スペインはワインの一大生産国なのです。
さらに輸出量で見ると、スペインは約24百万hℓ(2015年)でイタリアの約20百万hℓ(2015年)を抑えて堂々の世界一位なのです。その上に、一口にスペインといっても、各地方によってその風土、地勢、気候が大きく異なり、それぞれの地方の人たちが独自の優れたワインを造り出そうと切磋琢磨してきたことが、優れたワインを生み出すことに繋がったのです。

日本ではリオハが優れたスペイン・ワインの生産地としてよく知られていますが、実は近年はリベラ・デル・ドゥエロ地方が秀逸なワインを生み出す地方として頭角を現しています。私たちはそのリベラ・デル・ドゥエロ地方のまだ日本では知られていない秀逸なワインを、日本の皆様にご紹介することから始める予定です。

また、最近は日本でもスペインのスパークリング・ワイン(Cava)が人気を博しています。2016年のCavaの日本への輸入量は9,526kℓとなっており、日本のスパークリング・ワイン輸入量全体の27%をも占めており、国別ではフランスに次いで第2位となっております。2008年の時点ではCavaの日本への輸入量は5,118kℓに過ぎず、これは当時の日本のスパークリング・ワイン輸入量全体の23%でしたので、Cavaの日本への輸入が近年着々と増えていることが分かります。スペインで生産されるCavaの95%はカタルーニャ地方で作られており、私たちはそのカタルーニャ地方の中でも特に優れたCavaを日本にご紹介させていただく予定です。

オリーブ・オイルに関しては、2013年の時点で日本のオリーブ・オイル輸入量は51,100tとなっており、2007年の28,300tから大きく増えております。2013年の国別の輸入量では、イタリアが23,700tで全体の輸入量の46%を占めて第1位、スペインは22,570tで全体の44%を占めて第2位となっています。一方で、オリーブ果実の生産量は、2013年の実績ではスペインが788万tと世界の生産量の約40%をも占めており、イタリアの302万tを大きく引き離して第2位となっております。
これはつまり、スペイン産のオリーブ・オイルの多くがイタリアに流れ、そこで瓶詰めされてイタリア産として日本を含めた世界中に輸出されていることを示しています。スペインには優れたオリーブ・オイルの生産者が多く存在するにも関わらず、それが正確に世界に伝えられていないのが現状なのです。スペイン南部のハエン県、マルトス村がスペイン最大のオリーブ・オイル生産地として知られていますが、私たちはそのマルトス村の中でも特に質にこだわって生産している生産者のオリーブ・オイルを日本にご紹介させていただく予定です。

私たちの強み

私たちは、現地で優れた人的ネットワークを築いているスペイン人と、国際感覚に溢れた日本人とがチームを組んで活動しています。共に日本の総合商社で長年働いた経歴を持ち、国際ビジネスおよび日本の消費者の志向をよく理解しています。

日本では近年食の安全に対する関心、そして健康に対する関心が高まっています。日本での在住経験があり、このことを十分に理解したスペイン人のパートナーが安全・健康を第一に考えた食材の発掘に努めています。また、スペインでビジネスを行う上では、人的ネットワークが非常に重要です。人的ネットワークなしには、きちんとした生産者から仕入れることは大変困難です。私たちはこうして発掘した全ての食材を日本人のメンバーが現地に赴き、自らの目で確かめた上で、取り扱うかどうかの判断を下します。

私たちは、そうやって自らの目で確かめた商品を生産者から直接仕入れ、品質管理を十分に行いつつ、できる限り早く生産者の元から日本の消費者の元にお届けします生産者から直接仕入れることを大前提としており、どこを経由してきたのか分からないような商品は取り扱いません。これにより、日本の消費者の安全を確保することを最優先しています。

また、最近日本では美味しいスペインの食事とワインを手軽な価格で楽しめる、スペイン・バルの人気が高まってきております。そのような場所で、できる限り手軽にスペインの食文化を楽しんでいただくために、価格と味のバランスを追求した食材の発掘に努めております。私たちは無駄なコストを極力省き、一方で品質の確保には十分な注意を払いながら、優れた価格と味のバランスを実現します。

これらのことは、現地で人的ネットワークを築いており、さらに日本のこともよく理解したスペイン人と、国際感覚に溢れた日本人とがチームを組んで、少人数で機動的に活動することで実現が可能となっています。

お問い合わせのご案内

03-3443-9580

070-4217-5874(代表:宮本)

※お急ぎの方は携帯へご連絡ください。
【営業時間】9:00~18:00 
【定休日】土曜日・日曜日・祝日

webフォーム

Information