スペインで最も経済的に裕福で、かつ美食の地としても知られ、また微発泡ワインのチャコリで有名なバスク州、ラ・リオハ州(尚、スペインきってのワインの銘醸地、DOCaリオハは、ラ・リオハ州、バスク州、ナバーラ州の3つの州にまたがる)、北はフランスとの国境のピレネー山脈に接し、牛追い祭りで有名で、ヘミングウェイの『日はまた昇る』の舞台となったパンプローナを州都とするナバーラ州、1542年設立とスペイン有数の歴史を持つサラゴサ大学がある古都サラゴサを州都とするアラゴン州、の4つの州からなる地方。

バスク州

ワインの特徴

爽やかな酸味と塩味を思わせるミネラル感のある低アルコール度・微発砲性の辛口ワイン、チャコリが有名。白が殆どだが、白と赤をブレンドしたロゼもある。地元の新鮮なシーフードとの相性がよい。地元のバルでは高い位置からタンブラーに注ぐパフォーマンスも楽しまれている。DOチャコリ・デ・ゲタリア、DOチャコリ・デ・ビスカヤ、DOチャコリ・デ・アラバの3つのDOがある。代表的なブドウ品種はオンダラビ・スリ(白)、オンダラビ・ベルツァ(黒)。

料理

南フランスとの国境にある美食の街、サンセバスティアンのピンチョスはあまりに有名。

地元の微発砲白ワイン・チャコリとのマリアージュ:Almejas o Merluza en salsa verde

サルサベルデ と聞くとイタリアや南米にもあるが、スペイン料理にも欠かせない。
国によって使う香草が変わるが、スペインではイタリアンパセリのみ。オリーブオイルを熱してニンニクとみじん切りのイタリアンパセリを投入し、お魚のスープストックと少量の小麦粉を入れて作る。

ちょっとしたコツを訊いたら、『途中で冷たい水を加えフライパンを動かすこと』と教えてくれた。こうすることで魚(具材)から出た脂とあいまっていいトロミが付くのだとか。

DOCaリオハ

ワインの特徴

19世紀後半に欧州のブドウ畑で猛威を振るった害虫、フィロキセラによってブドウ畑を失ったフランス人ワイン生産者達が、ピレネー山脈のお陰でフィロキセラ禍がまだ及んでいなかったエブロ河沿いのこの地に目をつけ移り住み、オークの小樽で熟成するボルドー式の醸造技術を持ち込んだことにより、高級ワインの産地として発展した。1991年にスペインで初めてのDOCaとして認定された。

スペインの他の地域の熟成規定よりも、さらに長い熟成規定を独自に定めており、オーク小樽で熟成されたテンプラニーリョを中心とする果実味と熟成感のある赤ワインが特色だが、最近は樽を使わないフレッシュ&フルーティーなタイプも登場。代表的なブドウ品種は黒がテンプラニーリョ、ガルナッチャ、マスエロ(フランスではカリニャン)、グラシアノ、白がビウラ(マカベオ)、ガルナッチャ・ブランカ、マルバシア。

料理

しっかりとしたワインとのマリアージュ:chuletas de cordero al sarmiento

子羊のグリルだが、塩で味付けしブドウの枝を使って野外か専用オーブンで焼き上げる。

他にもPatatas a la riojanaも伝統的なリオハの一皿。

ナバーラ州

ワインの特徴

DOナバーラの他に、(スペインで14あるうちの)3つのVP(単一ブドウ畑限定高級ワイン)がある。近年は、土着品種のガルナッチャ(黒)に着目し、単一品種もしくは国際品種とブレンドした樽香のしっかりした赤ワインを生み出す。ロゼワインも全体の30%程度造っており、殆どがガルナッチャからセニエ法で造られる。白ワインは大半がシャルドネから造られており、樽熟成をするものとそうでないものがある。代表的なブドウ品種は黒がテンプラニーリョ、ガルナッチャ、カベルネ・ソーヴィニョン、白がガルナッチャ・ブランカ、ビウラ(マカベオ)、マルバシア、シャルドネ。

料理

ナバーラは個人的にロゼワインと極太のホワイトアスパラガスのイメージ。

ピキージョピーマンの詰め物も有名だが、ここではワインとのマリアージュに野菜の煮込みMenestre de verdurasをご紹介。

グリンピースやアーティーチョーク、アスパラガスに人参、じゃがいもなどのお野菜を茹でたあとににんにくを加えたオリーブオイルで炒めた玉ねぎ、生ハムと合わせ煮込むお料理。

不足しがちなお野菜をたっぷりとれる。

アラゴン州

ワインの特徴

北部はピレネーの山岳地帯、中央部はエブロ河が流れ、南部は砂漠地帯、と気候・風土が多様性に富むことから、多様なワインが造られる。現在4つのDOがあり、ナバーラ州と接した産地、DOカンポ・デ・ボルハではガルナッチャを中心とした、ボディとアルコール濃度がしっかりした赤ワイン、同地域の南に位置するDOカラタユドではフレッシュな白・ロゼと重厚な赤ワインが中心。DOカラタユドの西に位置するDOカリニェナではガルナッチャを中心とした洗練されたエレガントなワインが中心、北のDOソモノンターノでは土着品種に加え、国際品種も多く栽培され、多種多様なワインが造られている。代表的なブドウ品種は黒がガルナッチャ、カリニェナ(フランスではカリニャン、スペインの他地域ではマスエロ)、白がビウラ(マカベオ)、マルバシア。

契約ワイナリー

料理

ピレネー山脈の麓に広がる地。スペインの歴史レコンキスタ後の王国で赤ワインが大多数を占める。

赤ワインとのマリアージュ:お肉のチリンドロンソース(Pollo al chilindrón)。ソースのネーミングの由来は不明だそう。

鶏、兎または羊などと玉ねぎ、トマト、ピーマンなどの炒め煮だが、生ハムとパプリカを入れるとコクが出る。

その中でがんばる国際品種ゲヴェルツトラミネールで造られた、ラガール ダンプリウス ゲヴェルツトラミネールとのマリアージュ。

ぜひ中華のふかひれで合わせてみては。

ラガール ダンプリウス ゲヴェルツトラミネール