チャレッロはカタルーニャ州原産の白ブドウ品種。D.O.ぺネデスを代表する品種で、同地域の中では(白ブドウ、黒ブドウを合わせて)最大の栽培面積を誇る。カヴァに使用される三大品種(チャレッロ、マカベオ、パレリャーダ)の一つで、カヴァにしっかりした酸味を与える。リンゴや梨などの果実香に加え、レモンやハーブのような香りも特徴。

また最近では、チャレッロ単一品種で作られるスティルワインも多いに注目を浴びている。

この品種で作られるワインのスタイルは、樽で熟成していない若い早飲みスタイルの軽やかなワインから、樽発酵やシュールリーを駆使してより複雑な香り、より力強いボディーを持ったワインまで様々である。

地中海に近いD.O.ぺネデスを代表する品種であることもあり、魚介類との相性は抜群。鮨などの和食とも非常に相性がよい。

チャレッロのワインはこちらを参照。

チャレッロ